この記事を書いた人

日本ワインを世界に!日本ワインを中心とした
ワインに関する情報を
アウトプットしていける場所にしていきたいです!

よろしくお願い致します。

地元の群馬県だけでなく、首都圏や各地で
ご予算やシチュエーションに合わせてセレクトしたワインで
ワイン会などの開催もおこなっております!
お気軽にお問い合わせください。

JSA認定ソムリエ。

shunsuke niwaをフォローする

「国産ワインがなくなる?」

ワイナリー

日本ワインの新ブランド表示

20181030

本日から日本ワインの新ブランド表示(規定)が施行されました

新ブランド表示(規定)とは?

まずは、どんな規定なのかを見てみましょう。

詳しくはこちら(日本ワイナリー協会より)

けっこう長い…

簡単にいうと

「国産ぶどう100%を原料としたワインとその他のワインを明確に区別し、

さらに産地・品種・年号等の表示ができるようにしたもの」ということになります。

日本ワインの今後

この規定によって、具体的に日本ワインはどう変わるのか?

実は今まで

海外から輸入してきたバルクワイン(大きな容器に入れた外国産ワイン)と国産ワインのブレンドや、

ドロドロしたジャムのような濃縮還元果汁 (通称マスト)を希釈して作られるワインもすべて

「国産ワイン」と表記することが可能でした。

その背景にあるのは、

国産ワインに関する法規定。

日本酒などに比べて歴史の浅い日本ワインは厳格な法規制が整っておらず、

国内で製造するワインに関して明確な基準や法律がありませんでした。

国産ワインの約8割は…

現在、国産ワインの80%は輸入ワイン(バルクワイン)を瓶やパックに詰め替えたものや

国産ワインとのブレンド、輸入したマストを希釈して製造されたものが占めています。

国内で瓶詰め、または加工すれば、「国産ワイン」と名乗れてしまうんです

ちなみに

通常の瓶詰めされたワインではなく、

上記のように製品を輸入することにより

関税を大幅に安く抑えることができるとのこと。(瓶詰めワインは一本あたり関税がかかります)

加えて、企業にとって国産葡萄を調達することに比べて

①原料のコスト削減

②毎年安定した原料の確保

などのメリットがあるため、広く普及したと考えられます。

最後に

「読書の秋」ということで

日本ワイン事情がよくわかるオススメの一冊。

北海道ワイン株式会社代表取締役社長 嶌村彰禧著の

完全「国産」主義 

約10年前に書かれた本ですが現状の日本ワインを知ることができる、ある意味問題作!

(当時、業界暴露本とも呼ばれていたのだとか)

記事のタイトル「国産ワインがなくなる?」は

今回の規定を踏まえ書かれた2016年ごろのニュースタイトル「国産ワイン『2年後になくなる』」からきていています。

タイトルは少し大げさかもしれませんが笑

国産葡萄のみでワインを作ってきた地方の中小ワイナリーに追い風に

輸入原料を使用し、国産ワインとして販売してきた大手企業には向かい風に

なり得るかもしれません。

今後の日本のワイナリーからますます目が離せません!!!

コメント