この記事を書いた人

日本ワインを世界に!日本ワインを中心とした
ワインに関する情報を
アウトプットしていける場所にしていきたいです!

よろしくお願い致します。

地元の群馬県だけでなく、首都圏や各地で
ご予算やシチュエーションに合わせてセレクトしたワインで
ワイン会などの開催もおこなっております!
お気軽にお問い合わせください。

JSA認定ソムリエ。

shunsuke niwaをフォローする

日本酒の資格「唎酒師」と「SAKE DIPLOMA」について

SAKE DIPLOMA

SAKE DIPLOMAを受験してみる

SAKE DIPLOMAという資格をご存知でしょうか?

知らない方も多いはず。

なぜなら、昨年の2月に発足されたばかりの新資格だからです!

SAKE・・・そう日本酒の資格になります。

日本で日本酒の資格といえば、伝統的なと「唎酒師(ききざけし)」があります。

今回は、唎酒師とSAKE DIPLOMAの違いを見ていきたいと思います。

唎酒師について

唎酒師の歴史は意外にも浅く、制定されたのは1991年になります。

日本酒の販売・提供を目的として発足した資格のようです。

現在の取得者は、2017年で33733名。

ちなみに、

日本ソムリエ協会のソムリエは2017年で29631名。

(ワイン)アドバイザーやエキスパートを含めると2017年で57207名。

数字通り、「ごまんといる」状況ですね。

ホームページ(こちら)にあるように

「日本酒に限らず飲料全般や食品に関する

幅広い基礎知識を身に付けることが必要です。」

といった部分はソムリエに通ずるものがあります。

SAKE DIPLOMAについて

一方、SAKE DIPLOMAは、J.S.A.(日本ソムリエ協会)が昨年の2017年に発足させた日本酒の新資格です。

「ソムリエをはじめとした人々が日本酒に関する知識を深め、

技術を向上させることが、日本の食文化のよりいっそうの普及と向上に繋がる」との考えから発足されております。

なぜ、ソムリエ協会が日本酒の資格を作ったのか?

昨年まで、世界ソムリエ協会の会長に就任されていた田崎真也さんが

2016年に日本ソムリエ協会の会長を兼任されました。

諸説ありますが、有力なのは田崎真也さんの意向だそうです。

「日本のソムリエが自国のSAKEを知らないなんて恥ずかしい。」

「2020年の東京オリンピック・パラリンピックの開催により、

より多くの外国人観光客の来日に備えて」

「世界規模で日本酒が注目されたことで、和食に限らず、イタリアン、フレンチなどにも日本酒が扱われるようになった」などの様々な背景があるようです。

具体的には何が違うの?

SAKE DIPLOMAが新設されたことにより、

その違いや「どちらの資格を取るべきなのか?」など、比べられることしばしば。

唎酒師の場合

唎酒師は1次から4次試験まであります。
1次試験と2次試験が筆記、
3次試験がテイスティング、
4次試験は筆記(日本酒の季節別提案、サービス知識など)
受験方法が2つあります。

1つ目は、「通信コース」

約3ヶ月の時間を要します。自宅に届いた映像教材とテキストを使用して学習します。

記入した課題問題を送理、専任講師が添削。全3回のすべての課題をクリアすると合格となります。

メリットとしては、

①自分のペースでできること。

②自宅で試験を受けることができること。

講習会場から遠くに住んでいる方、

決まった時間が取れないという忙しい方にオススメですね。

受験料や、認定料、その他諸費用を合わせると

13万7300円。

2つ目は、「受験コース」

こちらは、最低でも一度受験会場で受験します。

細かく4種類ありますが、

大まかにいうと教材で自主勉強、または授業を受けてから試験を受けます。

メリットとしては、

1日で試験ポイントに沿った対策講義を受けられること。

⓶短期間で資格を得られること。

こちらは、受験料や、認定料、その他諸費用を合わせると

11万7700円〜13万8100円。

SAKE DIPLOMAの場合

こちらは、まずソムリエ協会に受験の申請をします。

1週間程度で、教本が届きます。

試験はこの教本から出題されます。

試験は2つあり、

1次試験はコンピューターで解答する「CBT 方式」で、全国の指定の会場でいつでも受けることができます。

初年度は、会場での筆記試験でしたが、2018年より、コンピューターでの解答になったことが大きな変更点です。

2次試験は会場によるテイスティングです。

こちらは、受験料は2万5440円。

この中に教本の料金も含まれます。

各ワインスクールも受験対策講座として約5ヶ月のコースを設けており、

費用は6万円〜9万8000円と大きく開きがあります。

独学で受ける場合は受験料のみですみますが、

確実に合格を狙うのであれば、スクールに通うことをオススメします。

まとめ

2017年度 唎酒師(ききざけし) SAKE DIPLOMA
費用 11万7700〜13万8100円

(受験料や、認定料、その他諸費用)

2万5400円〜12万34400円

(受験料のみ、またはスクール代を含む)

取得者数 33733名 1458名
合格率 約80% 41.5%
年会費 1万5900円 なし

コメント