この記事を書いた人

日本ワインを世界に!日本ワインを中心とした
ワインに関する情報を
アウトプットしていける場所にしていきたいです!

よろしくお願い致します。

地元の群馬県だけでなく、首都圏や各地で
ご予算やシチュエーションに合わせてセレクトしたワインで
ワイン会などの開催もおこなっております!
お気軽にお問い合わせください。

JSA認定ソムリエ。

shunsuke niwaをフォローする

甲斐ワイナリーを訪問して

ワイナリー

山梨県でワイナリーを見学 その2

2軒目に訪れたのは、

同じく山梨県甲州市 塩山にある

甲斐ワイナリー株式会社

天保5年(1834年)創業の老舗ワイナリーです!

元々は酒蔵であったそうで、

当時、醸造に使っていた直径2mほどの大きな酒樽もいくつも置いてありました。
酒蔵は現在、ワインの貯蔵庫として使われており、
他のワイナリーにはない趣きのある雰囲気。
案内をしていただいた

三代目の風間総一郎さんが見せてくださったのは、

甲斐ワイナリーの前身である

「風間葡萄酒」時代に醸造された甲州。

!!!

…1984年!

まさか、自分の歳を超えるヴィンテージの甲州に出会えるとは!

畑の見学と試飲

剪定した甲州の葡萄畑、切り口からポタポタと滴る水。
ちょうど今しか見られない

「水揚げ=樹液流動」が始まっていました。

 
これを集めて化粧水にしている人がいるとかいないとか…笑
日本でもめずらいいバルベーラの木も見せていただきました。
バルベーラは育てるのが難しいらしく、「バルベーラはよく暴れます。」と一言。
 
国の登録有形文化財指定されている立派な建物で試飲させていだきました。
この建物に現在もお住まいだそうです!

まさに日本のシャトー!

「バルベーラで作ったロゼ」や飲みやすい「やや甘口の甲州」
そして、見学した畑に植わっていた

樹齢60年にもなる古木の甲州を。

繊細な口当たりでありながら、しっかりとした骨格もあり、まるで“日本酒”のような味わいでした。

オススメです!

コメント