この記事を書いた人

日本ワインを世界に!日本ワインを中心とした
ワインに関する情報を
アウトプットしていける場所にしていきたいです!

よろしくお願い致します。

地元の群馬県だけでなく、首都圏や各地で
ご予算やシチュエーションに合わせてセレクトしたワインで
ワイン会などの開催もおこなっております!
お気軽にお問い合わせください。

JSA認定ソムリエ。

shunsuke niwaをフォローする

日本ワイン検定を受験して

ワイン

ワインの資格試験を受けてみた

今日は、先月の3月28日に受けた

日本ワイン検定について少し書きたいと思います。

今回、私は2級を受験しました。

日本ワイン検定は

一般社団法人日本ワイン協会 日本ワインを愛する会が主体です。

日本ワインを愛する会
日本ワインが国内はもちろんのこと、世界に向けて羽ばたくことを願って「日本ワインを愛する会」を創って活動しています。

この団体は、2003年に日本ワインの生産者と愛好家を結びつけ、日本ワインの更なる普及発展を図るために作られたそうです。

様々な日本ワインの試飲会の主催、後援、ワイナリーツアー、メーカーズディナー、などの活動を通し、生産者と愛好家の懇親、情報交換、および一般への広報活動をされていて、いつもお世話になっています。

内容について

1次試験は、コンピューターでの出題(各級50問、選択式)。

時間は、60分です。

全国180ヶ所以上の受験会場から、希望の日時を選択できるため、

自分の好きな時間や場所を自分で選べるところが他の試験と異なる利点です。

2次試験は、テイスティング(1次試験通過者のみ対象)になり、

こちらは東京・大阪で年2回(6月・11月)のみとなります。

ちなみに、20186月は3日(日)が受験日となります。

1級は、4種類の日本ワインの品種名を選択肢から選択

2級は、2種類の日本ワインの品種名を選択肢から選択

3級は1次試験のみだそうです。

会場について

上記にあるように、1次試験は各会場で、2次試験は

・東京会場 アカデミー・デュ・ヴァン 青山本校
東京都渋谷区神宮前5-53-67 コスモス青山ガーデンフロア

・ 大阪会場 アカデミー・デュ・ヴァン 大阪梅田校
大阪府大阪市北区梅田3-3-45 マルイト西梅田ビルB1

ワインスクール アカデミー・デュ・ヴァン
ワインスクール アカデミー・デュ・ヴァンは30年の実績を持つワインスクールです。講座数は150以上。ワイン初心者からソムリエ資格取得まで、目的にあったカリキュラムが見つかります。全国5拠点(東京:青山・銀座・新宿、大阪、名古屋)は通いやすい立地、振替制度も充実しており安心してご利用いただけます。

以上の2箇所だそうです。

合格基準について

・1級、2級ともに1次試験は70%以上の正答で合格となります。

最終合否判定は100点満点中70点以上で合格となり、こちらが詳細です。

先日のソムリエ試験やWSET と異なるのは、

各ユニットごとの合格ではなく

1次試験のコンピューター出題と

2次試験のテイスティングの合計得点で合否が決まるという点です。

詳細はこちら

2級は、1次試験得点の70%+2次試験15点×2問
1級は、1次試験得点の60%+2次試験10点×4問

3級はテイスティングがないので、1次試験の70%以上の正答のみ

費用について

3級は6000円、2級は10000円、1級は12000円 (税込)

3級+2級セット受験15000円(税込)というのもあるようです。

いきなり2級からの自信がない方は、こちらがオススメだと思います。

検定問題が全て日本ワイン検定 公式テキストから出題され、

(1〜3級用)共通のものは、3086円

(上級編1級用)1029円となります。

日本ワイン検定 1 - 2件を表示 - ワイン通販『ワイナリー和泉屋』
日本ワイン検定のカテゴリページです。 1 - 2件を表示

↑ここから購入できます。

まとめ

最後に出題内容についてですが、

上記のように検定問題が全て日本ワイン検定公式テキストから出題されます。

内容を書くことはできませんが、

ソムリエ試験やWSETのように出題されるのは世界だけではなく

日本のみです。

なので!かなり細かい内容まで聞かれることを覚悟しなければいけません。

①日本独自の醸造方法

②各ワイナリーのフラッグシップワインの名称

③各ワイナリーの立地や歴史、特徴

④日本ワインの始まりと現在までの歴史

↑汚い字の書き込みは、気にしないでください・・・

今回、受けたのは2級でしたが、

内容はなかなかマニアックなものも多数出題されました。

コメント